二分の一成人式 思わぬ形で写真をゲット

小学4年の息子が学校からおたよりをもらってきました。
年度末の全校だよりです。

私はふーんといつものようにさらさらっと読んだ後その辺に置きました。
何日か経って息子が、「お母さん、載ってるよ」と言いました。
「は?」私は何のことだかまったくわかりませんでした。
「写真・・・。」と息子。
どこに置いたっけ…と急いでそのおたよりを探しました。
捨てちゃったかもしれないからです。ありました~。無事に。
なんと息子と私の写真が載っているではありませんか。
それは、10歳の小学4年生で行われた、二分の一成人式のワンシーン。
こどもの成長を目の当たりにした保護者たちの中には、感動で泣いている人も何人かいました。
そして私もその中のひとり。なんだか卒業式のようでした。
泣いている私がバッチリ写っています。
そういえば、近くで広報係の人がカメラを構えていました。
てっきり発表するこどもたちを中心に撮影していると思い、私は写らないと思っていたので遠慮なく涙をふいていました。
また、髪型とか姿勢とかも気にすることなく参加していました。
もし、写真に撮られるのだったらめがねをはずしてばっちりカメラ目線で親子でポーズを決めたかったです。
あ、そうではなくて、ごく自然な親子のワンシーンを撮るのが目的でしたね。

そのイベントは授業の一環で、写真撮影は禁止でした。
そのため、私はその一瞬一瞬を目に焼き付けておこうと一生懸命見ていました。
ocn光代理店

それがこのような形で写真に撮ってくださったなんて。嬉しかったです。

そしてあの感動がよみがえってきてふたたび涙があふれてきました。
その二分の一成人式でこどもからお手紙をもらいました。
私は息子に返事を書きました。
こどもはとっても喜んでいました。

コメントは受け付けていません。